伝統音楽保存用自動採譜装置の実演実施

 システム情報工学科の小坂谷壽一教授が、「伝統音楽保存用自動採譜装置」と題し、12月1日に本学本館2FのAVホールにて講演と装置を使った実演を行いました。当日は、NHK収録とデイリー東北の取材があり、聴講学生約150名は、講演及び講演者(バイオリニストの沖増菜摘さん、歌手のサライじゅんさん)の生演奏(バイオリン、三味線、ボーカル&ピアノ)も合わせて堪能しました。
自動採譜装置実演
演奏風景①

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.