「あおもりICTソリューション2017」で学生が制作したアプリを展示

10月4日・5日青森市アウガ5階にて,あおもりICTソリューション2017が開催されました.
システム情報工学科からは,青森県情報システム課のブースでアプリを展示しました.

展示されたアプリは,青森県主催によるオープンデータ利活用人財育成講座にて企画・開発されたものです.
オープンデータとは,「機械判読に適したデータ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ」であり「人手を多くかけずにデータの二次利用を可能とするもの」のことを指します.(総務省サイトより)

当日は,企業ブースが並ぶ中,制作した学生(システム情報工学科4年生,滝沢健太君,助川友太君)の解説付きで展示しました.
また,当日の様子がテレビにて取材・紹介されました.

これらのアプリは,Androidスマートフォン向けに作成されており,GooglePlayにて絶賛配布中です.
以下,アプリの紹介です.
詳細は各アプリの配布ページをご覧ください.

はちくま
八戸の熊の出没地域をまとめたAndroidマップアプリです.



Google Play で手に入れよう

八戸避難所アプリ
八戸市内の避難所、津波避難ビルのマップをマーカーで表示するAndroidアプリです.



Google Play で手に入れよう

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.