オープンデータ利活用人材育成講座 第1回

1月31日(火)システム情報工学科において,オープンデータを活用したワークショップを開催しました.

本事業は,青森県 オープンデータ利活用人材育成事業によるもので,青森県のオープンデータ推進の一環として,オープンデータを利活用できる人材育成を目的としたワークショップです.
講師には,八戸市のIT企業アイティコワークから岡本信也氏にご担当いただきました.

第1回目の今回は,オープンデータについて,ネットワークの歴史を踏まえての解説です.

簡単に「オープンデータ」について説明しますと.
オープンデータとは,自由に使えて再利用もでき,かつ誰でも再配布できるようなデータです.
つまり,
(1)機械判読に適したデータ形式で、
(2)二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ
となります.

本ワークショップでは,公共機関がオープンにしている情報について各参加者のアイデアをまとめ,それらを形にしていく作業を実践していきます.
参加学生がこれからどんなアプリやサービスを制作していくのか,とても楽しみです.

システム情報工学科 伊藤

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.