ETロボコンとスマートデバイスGPで学生が大活躍!

本学科の4年生が、組込み技術のコンテスト(ETロボコンとスマートデバイスGP)で大活躍しました。

■ETロボコン2014東北地区大会で準優勝■
 ETロボコン2014の東北地区大会(組込みシステム技術協会主催)は、9月20日、いわて県民情報交流センター(盛岡市)で開かれ、東北6県から参加した計28チームが、規定の自律型ロボットで指定されたコースを走行するシステムを開発する部門(デベロッパー部門)と、システムを自由に企画開発する部門(アーキテクト部門)に分かれて、ソフトウェア開発の実践力を競いました。
 本学科からは「アーキテクト部門」に参加した山口研究室のチーム「ヒット&ラン」が総合準優勝に輝きました。残念ながら3年連続の全国大会出場は逃しましたが、準優勝という結果に参加した学生たちは、互いの健闘をたたえあっていました。
ETrobo2014
<表彰の様子>
・ETロボコン(http://www.etrobo.jp

■スマートデバイスGP2014東京大会で第1位■
 スマートデバイスGP2014東京大会(リクルートキャリア主催)が11月1日、東京都で開催され、本学科4年生の角田宏樹君が見事第1位に輝きました。
 このコンテストは、自動車分野で開発と実用化が進む「自動ドライブ」「自動ブレーキ」「自動パーキング」の機能をレゴ社のマインドストームに組込み、そのスピードと正確さを競い合うもので、今年初めて開催されました。
 角田君は、ETロボコンで培った技術に磨きをかけ、このコンテストでは最優秀の成績を収めました。12月に開催される全国大会の出場者は11月中旬に決定されますが、角田君の出場と活躍が期待されます。
SmartD-GP
<表彰の様子>
・スマートデバイスGP(https://careeful.com/public/pc/contest/S006/

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.