東北数学教育学会で発表

 12月1日(土)、システム情報工学専門棟において第39回東北数学教育学会が行われました。この学会は数学教育の基礎的、科学的研究に寄与することを目的とした学会であり、今回はマルチメディアを利用した教育方法や実践研究についての発表、森川幾太郎氏(元山形大学教授)の講演などが行われました。本学科からは「マルチメディアを利用した教育方法」について4年生の楢山雄一君、堀米洋光君、八ツ井慶亮君の3人が発表しました。

東北数学教育学会

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.